筋肉が多いほど基礎代謝が上がりやせやすい体質に

筋肉が多いほど基礎代謝が上がりやせやすい体質に

1日の消費カロリーの70%ほどを基礎代謝が占めています。筋肉が多いほど基礎代謝が上がりやせやすい体質になります。筋肉をつけるのに効果的なのが筋トレです。

 

筋肉

 

下半身を鍛える

 

下半身には大きな筋肉が集まっているため、下半身を鍛えることで代謝アップが期待できます。太もも、お尻、ふくらはぎなどを鍛えてみましょう。ふくらはぎを鍛えることで筋肉のポンプ作用が高まり、血液やリンパが戻りやすくなってむくみの予防にもなります。

 

自宅で簡単にできるのがスクワットです。スクワットをするときに気をつけたいのが、ひざがつま先よりも前に出ないようにすることです。つま先よりも前にひざが出ると効果的に鍛えることができません。背筋を伸ばして2秒ほどかけてゆっくりと腰を下ろし、2秒ほどかけてゆっくりと状態を起こします。回数を多く行うよりも、一回一回姿勢を確認しながらゆっくり行うことが筋トレのポイントです。

 

上半身を鍛える

 

お腹周りにも大きな筋肉があり、腹筋を鍛えるとお腹ぽっこりが解消したり代謝が高まります。

 

テレビで何百回も腹筋を行っているところ見たことがあるかもしれませんが、何百回も行えるような運動は負荷が少ないため、筋肉を鍛える効果はほとんどありません。回数を多くしようと早く行うと姿勢が崩れて、鍛えたい部位以外の筋肉を使ってしまうため、効果的に鍛えられません。

 

膝を立てて仰向けに横になり、腕を胸の前で組みます。その状態からゆっくりと状態を起こしたら、ゆっくりと背中を床につけます。体を起こすときの方が腹筋を鍛えているような気がしますが、ゆっくりと背中を床につけることでも腹筋が鍛えられるので、急いで床に背中をつけないようにしましょう。背中が床につくぎりぎりのところまで体を下してから、体を起こすようにすると負荷が増えます。負荷が少ない場合は、水を入れたペットボトルなどを持って、腕を頭の上に上げた状態で腹筋を行ってみてください。

 

腰が痛い場合は無理に行わないでください。