アンチエイジングは内蔵の老化が深く関わっている

アンチエイジングは内蔵の老化が深く関わっている

アンチエイジングという言葉を聞くと、肌のシミを取り除いたりシワをなくしたりなど体の表面的なケアを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
そんな方に言いたいのが”もっと体の内部に目を向けてアンチエイジングを心がけてほしい”ということ。

 

なぜなら肌のシミやシワなどには、内臓の老化が深く関わっているからです。

 

つまり、内臓のアンチエイジングに成功すれば肌など体の表面的なアンチエイジングも自然と成功へと導きます。
そして今回は内臓の中でも特に多くの機能を持っている肝臓のアンチエイジングについて紹介します。

 

肝臓が老化するとどうなるのか

 

肝臓には糖質や脂質の代謝、中性脂肪とコレステロールのコントロールなど細分化すれば実に500以上もの機能を持っている臓器です。
そのため「肝臓の健康=体全体の健康」と言っても過言ではないでしょう。

 

そんな肝臓が老化すると、まず血液中に老廃物質が溜まりやすくなります。
”老廃物質”、美容に敏感な方ならこれがいかに美容の敵なのかはすでにご存じですね。

 

老廃物質は血液の循環を妨げ、各細胞への栄養供給を阻害してしまいます。
もちろん肌の細胞も例外ではありません。

 

そして結果的に肌のターンオーバー(肌の再生)が乱れてシミが出来たり、肌へのコラーゲンの供給が不十分になりハリがなくシワが出来たりなど様々な弊害を引き起こすのです。

 

アンエチエイジングにおいて肝臓がどれだけ重要かがわかりますね。

 

肝臓を元気にするためには

 

最も簡単で有効的なのがアルコールの摂取を控えて食事のバランスに気を付けることです。
アルコールの過剰摂取は肝臓にかなりの負担がかかり、バランスの悪い食事は肝臓に中性脂肪を溜まりやすくし機能低下につながります。
そのためこの2つを意識するだけでも、肝臓はタフなので本来の元気を取り戻してくれるでしょう。

 

最後に、タウリンなど肝機能を回復する成分を積極的に摂取するのも良いですが、やはり重点を置いてほしいのは日頃の食生活です。
それと適度な運動、これだけ意識すれば肝臓のアンチエイジングに成功し、より美しい肌を手に入れることが出来るでしょう。"