モテなさそうな男性を落とすには少し工夫が必要

モテなさそうな男性を落とすには少し工夫が必要

恋愛というのは不思議なもので、自分がこれと決めたら周りから見ると首を傾げるような異性であっても夢中になってしまいます。

 

客観的に見たらモテなさそうだなという相手でも話の内容が合うだとか、趣味が同じで一緒にいて疲れないのが魅力だという理由で惚れ込んでしまうこともあるでしょう。

 

 

明らかに異性との交際に慣れているタイプとは違って、そういった一見モテなさそうな男性を落とすには少し工夫が必要です。モテなさそうな男性の種類には大きく分けて二種類あってそもそも異性に対してあまり興味を持てない人と、興味はありありなのに外見やその他の要素で全く異性と接点を持てていなかった人に分けられます。

 

 

後者であればボディタッチを駆使する、連絡をこまめに取るなどの対処で簡単に食いついてきますのでさほど難しい恋愛テクニックは必要ありません。

 

一方で前者の場合は相手の心を自分に対して開かせる努力からやらなくてはなりません。しかもあくまで友達としてならば良い関係を築けてもそれ以上の関係に発展させようとすると途端に拒絶反応を示す人までいますので余計に厄介ではあります。

 

 

こうした異性に興味のないタイプのモテなさそうな人には、異性と交際することでどんなメリットがあるのかを意識してもらうことで態度が軟化してきて良い関係に発展させられる可能性があります。最初はあくまで共通の話題から始めるのは良いと思いますが、そこで足踏みを長くしているのは厳禁です。

 

 

そのうちその関係に慣れてきてしまって、男性のほうがその居心地の良い関係を崩したくなくなるか、突然の変化に対応できずに拒否されてしまうかするリスクが出てきてしまいます。最初の面識の作り方は深い関係になりすぎないことを気をつけるべきですね。

 

 

そこから周囲の恋人関係の人の話題を出していったり、いかにもデートスポットと言われるようなところへ連れ出してみたりして、自分のことを異性として意識させたり、自分が恋人ならばこういう楽しみがあるのだよというのを実体験させます。あくまでそうした関係を築くのを急ぐのではなくて少しずつでもいいですから時間をかけましょう。

 

 

友人関係のまま時間をかけるのと、こうした雪解けを待つような時間のかけ方では意味が違います。後者については相手にはよりますがどうしても時間をかけざるを得ないことも多いです。恋人がどうしてもほしいタイミングがあるならそこから逆算して早めに仕掛けていきましょう。