ギュットミニDX2015でラクラク運動ダイエット

ギュットミニDX2015でラクラク運動ダイエット

色々なダイエットがあり紹介されてますが、大体注意書き通りに実行すれば、効果に個人差はあれど痩せることはできると思います。
ここで問題となるのは、いつダイエットをやめるか?ということです。

 

ダイエット失敗談として一番多いケースは、ダイエットそのものの失敗というよりは、ダイエットで10kg痩せたので安心して普通に食べだしたら、15kg太ってしまい、結局+5kのリバウンドしてしまったというようなリバウンドでの失敗が多いんじゃないでしょうか?

 

下手にダイエットが成功してしまった分、太ったら太ったで私なら痩せれるしと食事量を普段どおり、もしくは過食気味になった結果リバウンドとなるわけですが、一見すると精神面の油断からと判断しがちですが、実際は別なものが主な原因となっています。

 

自転車

 

ではその原因とは何か?

 

ダイエットとは自分の体重を減らしている行為です。
色々な事情からダイエットをしているわけですが、体はそうは考えてくれません。
体重が急激に減ると、これは生命の危機!と捉えます。

 

今でこそ食料が安定して供給されてますが、一昔前はそんな悠長なことはいってられませんでした。
狩猟してる時代なんて、獲物が取れない日が続くなんて当たり前です。
といって空腹だからといって体が動けなくなれば、ますます獲物をとるなんて無理で、負の連鎖で餓死直行です。

 

こういう時、体は最適化し、すさまじいエネルギー効率になります。これがいわゆるダイエット時の停滞期というやつです。
エネルギー消費は最小に抑え、摂取した食べ物は絞りかすになるまで搾り取り、体内に溜めまくろうとします。
この時にダイエットをやめるのがリバウンドの最大の原因なんです。`

 

大体、一ヶ月で体重が5%減るとこの飢餓モードになるといいます。
なので、ダイエットではよく、ゆっくり体重を減らすようにと言われます。

 

体への負担などもありますが、この飢餓モードに入らないようにというのが主な理由です。

 

ダイエットをする時はこの飢餓モードに入らないよう体重管理に気をつける、もしくは飢餓モードには入ってしまったら、大体2週間ぐらいで飢餓モードは終わりますので、体重が減りだすまでダイエットはやめず続けることです。

 

 

そこでおすすめなのが電動自転車を利用した運動です。
どこか行く時に車や電車を利用するのではなく、電動自転車で行くようにするのです。
お子様が2人いても最新式の自転車ギュットミニDX 2015があれば楽にペダルを漕ぐことができます。

 

交通費も浮いて運動にもなって言うことなしですね。
ギュットミニDXは安全性が高く、電池の持続時間も長いので安心して乗ることができますよ。
バランスも非常にとりやすい自転車なのでぜひお試しになってみてください。